不動産査定

不動産の査定とはどういったものなのでしょうか?

不動産査定には、大きく分けて二つの査定方法があります。検討の段階によって、簡易なものとより具体的なものとを選ぶことができますので、状況に応じた不動産の査定を受けることができます。

・簡易査定とは?

不動産の売却を検討しはじめた段階では、まだ具体的な売却プランや住み替えの予定などが固まっていませんので、そういった段階では、簡易的な査定方法である、簡易査定が最適です。

簡易査定は、とりあえず不動産の相場を知りたいといった人向けに最適な査定方法となっています。
売却を検討している不動産の物件概要や、周辺の不動産取引データをベースとした机上査定を行います。そして、メールや電話で査定結果を聞くことができるのが、簡易査定です。

・訪問査定とは?

簡易査定とは異なり、既に具体的な売却予定や住み替え予定を立てている人に最適な査定方法が、訪問査定です。

不動産会社の仲介担当者が、関係の法令を含め、売却予定をしている不動産の調査を実施してくれます。 また、住まいの内外装もしっかりとチェックしてもらった上で、最終的な査定価格の報告を受けることができます。

簡易査定とは違い、担当者と直接会って査定結果を聞くことができますので、より具体的な要望を伝えたり、詳細の確認ができたりと、さまざまなメリットがあります。